Ichmy's VirtualBox

あなたは
2 5 7 1 1 7 9
人目のお客様です。 (本日752人目、昨日786人) (from 2007-09-30)

VirtualBoxで遊ぼうのこーなー

0.目次

1.このこーなーの概要

2.VirtualBoxについて

3.Hyper-V との共存ついて

4.UEFIへのインストール方法について

5.Guest Additionsのインストール方法について


1.このこーなーの概要

このこーなーではVirtualBox上でいろいろなOSを立ち上げるための Tipsを紹介する予定ですが工事中。

いまのところ筆者のVirtualBoxで立ち上がっているOSは

系列 OS Addin UEFI対応 状況
旧Win系 Windows7 問題なし
WindowsXP ×
Windows2000
Windows98 × 問題多発、リンク先を参照
Unix系 Ubuntu Impish Indri 問題なし
Debian 11 bullseye
Fedora 34
CentOS 8.3-2011
open SUSE Leap 15.3
Arch Linux(2020.04.1)
Oracle Solaris 11.4
FreeBSD13.0R UEFIで起動に難、4章参照
UEFI時、Xorgに失敗
BIOS時、xfceに失敗
NetBSD9.2 × UEFIで起動に難、4章参照
GuestAdditions未対応
新Win系
(IE検証
イメージ)
Windows10 問題なし
新Win系
(評価版)
Windows10

2.VirtualBoxについて

このこーなーでは米国オラクル社が開発している Virtualbox6.1.16(+extension pack)について報告します。

この Virtualbox は、昔は Sun が開発していたもので、Unix系ゲストの実行に強みがあります。

ダウンロードはこちらの公式サイトから(英語サイトです)


3.Hyper-V との共存ついて

VMwareでは正式対応になった掲題Hyper-Vとの共存ですが 筆者の環境で、まだうまく動きません

動きそうな気配はしているのですが、何か設定が不足しているようです

Hyper-V(WSL2)を入れている方で、VirtualBOXでも遊びたい方は、リンク先の方法で、Hyper-Vを一時停止してから遊んでください


4.UEFIへのインストール方法について

以前はvirtualbox のUEFI の実装にバグがあったが、現在では多くのOSで対応が済んでいる

FreeBSD/NetBSD のDVD起動では問題が残ったので、下記メモする


(1) FreeBSD/NetBSD のUEFIモードでのDVDから起動手順

① DVDからUEFIで起動すると、UEFI Interactive Shellの入力待ちに落ちます

② 以下入力すると、FreeBSD/NetBSD のインストーラが立ち上がります

 Shell> fs1:
 FS1:\>  \EFI\BOOT\bootx64.efi

※ キーボードが101キー配列になるので106キーでは「+」が「:」に、「]」が 「\」になります。

③ OSインストール後、HDDからの起動の時点では上記問題はなく、普通に起動します


5.Guest Additionsのインストール方法について

Unix系 各OSへのGuest Addtions のインストールはちょっと面倒なので、自分用にメモをまとめます

(0) 各仮想化ソフトに共通する基本的流れ

① まずは、パッケージを最新にします

② 続いて、Guest Additionsのインストールに必要なパッケージを準備します(不要な場合もあります)

③ ゲストOS上のメニュー「デバイス」→「Guest Additionsのインストール」をクリックします。

  自動的にGuestAdditionsのCDイメージがマウントされる

④ 端末を起動し、df にてCDマウント先を確認し、そのディレクトリ移動し、以下実行

  $ sudo /bin/sh VBoxLinuxAdditions.run

上記①、②のあたりが各ディストリビューションにより異なるので以下説明します


(1) Ubuntu Impish Indri

① パッケージを最新にします(super user で)

  # apt-get update
  # apt-get upgrade 

② 続いて、Guest Additionsのインストールに必要なパッケージを準備します

  # apt-get install dkms 

(2) Debian 11 bullseye

以前の版では最初から、GuestAddition 入ってましたが、bullseye ではGuest Additiinsインストール要

① パッケージを最新にします(super user で)

  # apt-get update
  # apt-get upgrade 

② 続いて、Guest Additionsのインストールに必要なパッケージを準備します

  # sudo apt install dkms 

(3) open SUSE Leap 15.3

① パッケージを最新にします(super user で)

  # zypper up

② 続いて、Guest Additionsのインストールに必要なパッケージを準備します

  # zypper in gcc kernel-devel

(4) Fedora 34

このバージョンのFedoraでは、最初からGuestAddition 入ってます、何もする必要なし

(5) CentOS 8.3-2011

① パッケージを最新にします

  $ sudo dnf upgrade

② Guest Additionsのインストールに必要なパッケージを準備します

 $ sudo dnf install epel-release
 $ sudo dnf install kernel-devel kernel-headers  gcc gcc-c++ dkms bzip2

(7) Arch Linux(2020.04.01)

VirtualBoxにArchLinuxをインストール、デスクトップ環境を構築する を参考にして導入

(8) OracleSolaris 11.4

Solarisで遊ぼうのこーな を参考に GUI イ ンストールまで進めてください

② 上記方法でGuestAdditionsのCDイメージをマウントし、マウント先に作業ディレクトリを移動し以下を実行

 # pkgadd -G -d ./VBoxSolarisAdditions.pkg

(9) FreeBSD 13.0R

BSD系ゲストには付属のGuest Addition は対応していないので、以下手順で入れてください

① パッケージ virtualbox-ose-additions をインストール

 # pkg install virtualbox-ose-additions

② /etc/rc.conf に以下の行を追加

 vboxguest_enable="YES"   ← 追加
 vboxservice_enable="YES" ← 追加

  リブートします

③ FreeBSDで遊ぼうのこーな のXorg導入の項へお進みください


OS伝説で遊ぼうのこーなーへ戻る


ichmy本家サイト

OS伝説で遊ぼうのこーなー