Ichmy's Vmware

あなたは
1 3 8 6 9 0 1
人目のお客様です。 (本日464人目、昨日583人) (from 2007-09-30)

VirtualPCで遊ぼうのこーなー

0.目次

1.このこーなーの概要

2.Windows VirtualPC とは

3.FD問題を無理やり解決する方法

4.VirtualPC2004から のバーチャルマシン追加機能の強奪

5.Windows95のインストール

6.Vista/Win7(IE検証イメージ)で遊ぼう


1.このこーなーの概要

このこーなーでは Windows virtualPC 上でいろいろなOSを立ち上げるための Tipsを紹介します。

いまのところ筆者の Windows virtualPC での各種OSの動作状況は

OS Addin 状況
Windows2000 問題なし
Windows98SE △(VirtualPC2004用を強奪して適用)
Windows95 FDブートに問題
日本語MSDOS6.2V
Windows3.1 無し
FreeBSD8.2 8.2,8.1不可。8.0でもDHCPとhaldに問題
Debian Squeeze Linuxで立上成功したのはDebianのみ
WindowsXP(XPモード) 問題なし、当たり前だけど
Vista(IE検証イメージ) 英語版
Win7(IE検証イメージ) 英語版
※このソフトはブート時にFDを扱えない致命的な問題あり。
 無印Win98以前は必然的に対応困難。意図的に(営業政策上)そうしていると思われるのでどうしようもない。
この問題を回避するためにVirtualBoxの力を借ります。3章で解説

(tips) なお、マウスがキャプチャーされたら元に戻すのはctrl+Alt+左方向キーです


2.Windows VirtualPC とは

Windows VirtualPC とはマイクロソフト社から、Windows7 ユーザーに提供されている仮想化ソフトです。

さらに、Windows7 Professional以上のユーザーにはXPモードと称するVirtualPC上で動くWinXP仮想イメージとそのライセンスが提供されます。

Windows Vista 以前のユーザーの方は旧バージョンの VirtualPC2007 を使ってください

マイクロソフト社の販売促進ツールという出自のため、少しだけ古いWin7で動かないソフトを救うには有効なのですが、

仮想化ソフトとしては当然出来るべきマイクロソフト社製以外のOS対応がNGだったり、FD起動がレガシーとされて切り捨てられていたりします。


3.FD問題を無理やり解決する方法

 このままではWin98無印以前のOSが入れられないので最初だけVirtualBoxに 助けてもらい、CDがアクセスできるMSDOS環境を入手します。

具体的には、

(1) VirtualPC上で仮想マシンをまず作ります。

----------- ここから VirtualBOXでの作業 -------------

(2) VirtualBOXはVirtualPCの仮想ハードディスクを扱えますので VirtualBOX上のでも仮想マシンを作り、

  先ほどのVirtualPC仮想マシンの仮想ハードディスクをマウントします

(3) MSDOSをインストールします。

  やりかたは、 日本語DOS/Vで遊ぼうのこーなでの解説を参照。

  ただし後でやるので、ここではまだCdromドライバとmemmakerは まだやらないでください。

(4) バーチャル マシン追加機能のインストール

  VirtualPC2004のDOS用バーチャルマシン追加機能FDイメージを強奪して 適用します

  イメージをマウントして、a:\dosadd を実行です。

  ただし、この追加機能は動作が不安定なので上記実施後すぐにいったん すべて取り外しておきます。

  (config.sysとautoexec.batを編集)

(5) VirtualBOX上での作業は終了したのでハードディスクマウントをはずします

----------- ここから VirtualPCでの作業 -------------

(6) VirtualPC上の仮想マシンでもDOSが起動することを確認

(7) 先ほど取り外したCDROMドライバーを復活させる。

  (config.sys中のcdrom.sys と autoexec.bat中のmscdex.exeを復活)

(8) idle.com はcpuパワーを大幅に節約するので復活させる。

これでCDROMが扱えるdosが入手できました。あとはmemmakerでメモリのチューンをして完成です


4.VirtualPC2004から のバーチャルマシン追加機能の強奪

Windows VirtualPC ではWin98以前のバーチャルマシン追加機能が付属していませんが、VirtualPC2004のものがそのまま使えます。

強奪するには、いずれかの仮想マシンにVirtualPC2004をインストールして Virtual PC 2004 をインストールしたフォルダのVirtual Machine Additionsフォルダ内にあるファイルをホストに持ってきて保存します。

(※なお、この仮想マシン上の仮想マシンは動かないか、極めて遅いので強奪後即削除ください)

ちなみに日本語DOS/V のバーチャルマシン追加機能には 以下のドライバーがあります。

ドライバー 実現する機能
(a) Fshare.exeとVMADD386.SYS 共有フォルダ ※VPC for Win7では動作失敗
(b) Mouse.com マウスドライバ ※日本語環境では不具合有のため今回不使用
(c) Cdrom.sys CD-ROMドライバ
(d) Idle.com アイドル時のCPU使用率を下げるユーティリティ

あと共有フォルダーを試したのですが、残念ながら起動に失敗


5.Windows95のインストール

(tips) Windows95をVPCにインストールするには上記のDOSからスタートしますが、以下のTipsが必要です

(1) idle.comドライバーはいらないようなのではずします

(2) インストール時にプログラム保護エラーが出ます

  クロック周波数の高いPCでWindows95を使おうとするとうまく起動しない不具合のためで、

  藤田憲正氏によって作られた 「AMD K6-2 350MHz対応化プログラム for Windows 95」でパッチを当てます。

  VirtualBOXの時点であらかじめFDを使ってツールを流し込んでおきます。

(3) インストールに成功したらVirtualPC2004から強奪したwindows用の 追加機能も適用します。


6.Vista/Win7(IE検証イメージ)で遊ぼう

マイクロソフト社からIEの互換性検証用にXP/Vista/Win7の仮想マシンイメージが無償公開されました。

本サイトでは、そのイメージを使って遊んでみます。ただし英語版なのでいろいろ面倒です。

(1) 公開の詳細については窓の杜解説記事を参照ください。

(2) HDイメージはここからダウンロードください。

(3) 上記のファイルのうち、先頭のexeファイルを実行すれば自己解凍します。

(4) あとはVirtualPCで新マシンをつくってハードディスクを設定すればOK

(5) パスワードは「Password1」(ログインに失敗するとヒントとして表示されたりします)、
   アクチベートを要求されますが、不要です。

(6) 英語版をある程度、日本仕様にする

  ① システムからのメッセージはすべて英語です。これは気合で乗り切る

  ② TIMEZONEはコンパネの "Clock,Langage and Region"→"Change the time zone"で設定

  ③ コンパネの "Clock,Langage and Region"→"Change the country or region"をjapanに設定、

  ④ キーボードもコンパネの "Clock,Langage and Region"→"Change thekeyboards or ..."で設定、
      Japaneseにすると漢字変換IMEも有効になります。

(6) なお、有効期限は初回起動から90日間です。

  期限が来たら再度マイクロソフトのサイトから新しいイメージをダウンロード


OS伝説で遊ぼうのこーなーへ戻る


ichmy本家サイト

OS伝説で遊ぼうのこーなー